黒クマ対策にはアイクリーム!選び方のコツ

まずは黒クマの原因について理解して、クマ解消に最適なアイクリームを選んで使うことが重要です。

 

黒クマの原因は、一言でいうと目もとのたるみです。目もとの皮膚が衰えて、コラーゲンを作り出す細胞が退化してしまったこと、目もとの筋肉が凝り固まってしまったことが要因となっています。

 

つまり黒クマをなくすためには、目もとの肌を根本から活性化させなくてはならないのです。

 

【モニターの80%がその効果を実感!】クマを本気で改善できるアイクリーム?!

 

では、目もとの肌を改善させるアイクリームの選び方についてです。

たるみ対策

まず必要なのは、たるみを消すことです。例えば、ビタミンCはコラーゲンの産出を促進してくれるので、たるみの改善に繋がります。つまり、ビタミンC入りのアイクリームなら、コラーゲン産出をサポートしてくれるので、たるみを改善しながら悪化を防いでくれるのです。

 

肌のターンオーバー

また、ビタミンEは肌のターンオーバーを活性化させる効果を持っています。肌のターンオーバーを活性化させることで、老廃物を排出し、肌を若返らせることにつながります。

 

保湿

それから、黒クマ対策において重要なポイントは他にもあります。それは、保湿です。目もとの肌の乾燥も、黒クマを悪化させる原因となるので注意が必要なのです。保湿に効果的な成分として挙げられるのは、コラーゲンやヒアルロン酸です。

 

私が黒クマが気になっていた時に使ったアイクリームでおすすめなのが、”アイキララ”です。

 

目の下の黒クマ対策に特化した商品だけのことはあり、1本使い切る頃には黒クマが気にならなくなっていました。コラーゲンをサポートしてくれる成分が入っているので、それが効いたのかなと思います。

 

また、この商品がおすすめできる理由は他にもあります。それは何と言ってもプチプライスであることです。

 

高価なものが多いアイクリームですが、これなら安心して使えます。黒クマが気になる方は、目もとの肌を生き生きとさせてあげることを考えアイクリームを選びましょう。

 

黒クマ撃退!プチプラなアイクリーム3選

キラリエ2 アイキララ グラシュープラス



生レチノール配合!高品質、高保湿の目元アイクリームでケアしたい方にはコレ

超本気で黒クマを改善したい人限定!隠すのが面倒な目の下のクマ用アイクリーム!



加齢による目元の悩みを解消!エイジングケア用の目元クリーム

目のクマ解消を目指す!3つの改善方法

年齢を重ねて行くうちに目の下のクマが酷くなって来ました。
クマのせいで、実際の年齢より老けて見られる事も増えて、すごく気になり始めました。

 

また鏡を見る度に、黒クマが気になりその原因を調べました。

 

目にクマができる主な原因は、肌の乾燥や新陳代謝の悪さが大きな原因である事を知りました。

 

その原因を知って、クマを解消しようと、改善方法の対策を3つ決めて、毎日行うようにしました。

 

私の目の下のクマを改善する方法は3つ。

 

まずは目の下の保湿やハリを保つために美容成分の含まれたアイクリームを購入して毎日お手入れをするようにしました。

 

潤いや肌の弾力アップによさそうな成分の含まれた化粧品は、多く販売されていたので、どれにしたら良いのか悩みましたがあまり高い価格の化粧品を購入すると長続きしないと思い自分で継続して購入出来る価格の商品を選びました。3,000円程のアイクリームだったので、これなら続けられると思いました。

 

そして、2つ目の方法はお風呂の中でむくみを取るためにリンパマッサージをするようにしました。

 

最後の3つ目は、目の下のたるみをなくすために、目を閉じて5秒間キープしたその後、目を大きく開けて5秒をキープする運動をする動作を毎日5回するようにしました。

 

また、睡眠不足は新陳代謝を悪くする事を知り、今まで不規則な生活をしておりその事がクマの原因の1つではないかと思い、生活の見直しを計りました。

 

おかげで、規則正しい生活をする事が出来るようになりました。
規則正しい生活を意識するようになり、肌の潤いが以前より増して来ました。

 

しかし毎日、クマの改善のための対策を実施していましたが、すぐに効果はありませんでした。
途中で諦めてしまいそうになりましたが、数ヶ月クマの改善方法を毎日続けていくうちに、少しずつクマが薄くなって来ている事に気付きました。

 

その効果を感じる事が出来て、この方法は間違っていなかったと自信を持つ事が出来て毎日のクマ対策が楽しみながら出来るようになりました。
毎日のアイクリームや日々のケアおかげで、1年経った今は黒クマが目立たなくなり自分にも自信が持てるようになりました。